高速道路1000円の影響?でCO2排出量増加



2009年3月からスタートした土日祝日の高速道路料金1,000円(首都圏除く)によって、二酸化炭素(CO2)排出量が増加する見通しであることが運輸調査局が実施した調査で分かりました。


運輸調査局の調査では・・・


ドライバーが一般道路⇒高速道路利用⇒13万トンのCO2削減


鉄道、飛行機⇒高速道路利用⇒25万トンのCO2増加


高速料金1,000円乗り放題⇒新規に高速利用者増加⇒192万トンのCO2増加


上記の結果、年間、約204万トンの二酸化炭素(CO2)排出量が増加するとのことです。


ちなみに高速道路利用者は36.0%増加しましたがその内訳は・・・


一般道路や他の交通機関から高速道路利用に⇒11.5%増加


新規に高速道路を利用⇒24.5%増加


平成21年10月5日:より一部引用


何とも皮肉な結果ですね・・・


約204万トンの二酸化炭素(CO2)排出量ってピンとこないかもしれませんが、実は日本が年間排出している総量からすればそれほど大きな割合、数字ではありません。


それでもエコが叫ばれている時代にそれとは逆行する政策は?な気がしますし、実際、1,000円にしたせいで渋滞がハンパないので、正直言って1,000円はやめてほしいですし、民主党が行う予定の高速道路無料なんてやめてほしいですよ。ほんと日本の政治って何を考えているのか・・・




バイクの買取価格がスグに分かります♪

バイク王なら無料で出張買取査定してくれ(一部離島を除く)、面倒な各種手続きも無料で代行♪



バイク用ETCについて

オススメETCカード

関連ニュース

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年4月2日

お問い合わせ


Copyright © 2008-2017 バイク用ETCガイド. All rights reserved