ETCの基礎知識



ETC(Electronic Toll Collection System)とは、

・有料道路自動料金支払いシステム
・ノンストップ自動料金収受システム
・ノンストップ自動料金支払いシステム

などともいわれ、車、バイクに取り付けたETC車載器と高速道路(有料道路)の料金所に設置されているアンテナが無線で交信することによって、料金所で止まることなく通過することができるシステムの事で、通行料金はETC車載器に挿入するETCカード(クレジットカード)によって、クレジットカード会社を経由して支払う事となります(後払い)。


ETCは2001年3月30日から一般利用が開始し、試験運用を経て2006年11月1日からは二輪車(バイク)によるETCの一般利用が開始され、現在、車、バイクに関わらず、日本全国、多くの高速道路(有料道路)で利用することができるようになっています(一部の有料道路ではまだETCが利用できません)。


また日本には多くの高速道路(有料道路)があり、

・NEXCO東日本
・NEXCO中日本
・NEXCO西日本

など、高速道路(有料道路)を管轄している企業は異なりますが、日本のETCは全国で統一されたシステムですので、ETCを導入すれば日本全国の高速道路(有料道路)で利用可能となっています(ETCが利用できない一部の有料道路を除く)。


ちなみにETCを利用するには、

ETC車載器
ETCカード

の2つが必要で、基本的に別々に申込むこととなります。


 ETC導入の目的



★渋滞緩和&時間短縮


ETC導入の最も大きな目的が高速道路の渋滞緩和です。


高速道路が渋滞する原因は色々、考えられていますが、もっとも明確に説明できるのが料金所での渋滞です。


料金所(出口)では通行券を係員に渡し、支払いをする事となりますので、確実に渋滞を招いてしまいます。


そこでETCを導入する事によって渋滞緩和が期待でき、渋滞が緩和されれば当然、目的地までへの時間短縮にも繋がります。


★快適ドライブ


高速道路でもっとも煩わしいのが料金所での支払いですが、当然ETCを導入すればこの煩わしい支払いがなくなり、さらにETCが普及すれば渋滞が緩和されますのでドライバーも快適に運転する事ができるため、高速道路での事故の減少に繋がることも期待されています。


また通行券の受け取り、料金の支払いのために車、バイクを料金所のブースに寄せて停車する必要がないので、特に左ハンドル車や運転に自信がない方にもETCは便利で、車の場合、窓の開閉も必要ないので、雨、排気ガスが車内に入ってくることもないため快適です♪


★お財布&地球に優しい


高速道路の料金所付近でブレーキを踏んだり、アクセルを踏んだりすれば燃費が悪くなります。ガソリン価格が高騰している昨今、燃費が悪くなると家計にとっては痛いです~(>_<。)ゝ


また燃費が悪くなるだけならまだしも、排気ガス、CO2の増加にも繋がるため地球にも優しくありませんが、ETCが普及すれば確実に排気ガス、CO2も減少し、しいては地球温暖化対策にも繋がるのです!


 ETCを利用する際の注意点



○料金所(ETCゲート)の通過は20km以下のスピードで


ETC車載器&ETCカードとETCゲート間の確実な通信を行うため、料金所(ETCゲート)を通過する際は20km/h以下のスピードで進みましょう。


また通信エラー等で開閉バーが上がらなかった場合や、前の車、バイクが何らかの理由によって急停車したり、料金所の係員が横切る可能性があり、その場合でも20km/h以下のスピードであれば対処する事ができますので、必ず20km/h以下のスピードを守りましょう!(係員が横切った際の事故が毎年、何件か報告されています)


ちなみにETCゲートは「80km/h」までくらいなら通信可能と言われていますが、20km/hを超えてETCゲートに進入し、何らかの原因によって開閉バーが開かなかったために急ブレーキをかけたり、さらに後続車に追突された場合は『刑事・民事・行政』処分の対象となりますので注意が必要です(追突した車、バイクも処分の対象となります)。


料金所によって開閉バーが開くタイミングが異なりますので注意しましょう!


○料金所(ETCゲート)を通過する際は十分な車間距離をとる


ETCカードの差し忘れ(馴れた頃によくやります)、ETC車載器の故障、通信エラー、ETC非装着車が間違って進入するなどで、開閉バーが上がらず、前を走る車が急停車する可能性がありますので、料金所(ETCゲート)付近では十分な車間距離を取り、上記のような事が起こる可能性があることを頭に入れて運転しましょう。


○料金所(ETCゲート)の通過は誘導線内で


ETC車載器&ETCカードと、ETCゲート間の確実な通信を行うため、料金所(ETCゲート)付近には白の点線


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


が敷かれていますので、必ずこの誘導線内を走行するようにしましょう!


○料金所(ETCゲート)での追い越し、併走は禁止


料金所(ETCゲート)内でバイクの併走、追い越し、追い抜きを行うと、通信エラーが起こる可能性が高くなるだけでなく、とても危険ですのでやめましょう!


○ETCの通行レーンは2種類


ETCの通行レーンは、


ETC専用


ETC / 一般


の2種類があり、これらの表示は時間帯により変わる場合がありますので注意が必要です(料金所によっては二輪車ETC用のレーンが設置されていることもありますので、バイクの方は二輪車ETC用のレーンを通行するほうがベターです)。


『ETC専用』はその名の通りETC車載器を搭載した車、バイクしか進入しませんが、『ETC/一般』の場合は非ETC車載器の車、バイクも進入しますので、前を走る車、バイクの動向にはより注意が必要です。


また料金所によってはETCレーンがない場合や、通信トラブル、事故などによってETCレーンが封鎖(進入禁止・試験中)されている場合もありますので、その場合は以下のようになります。


入り口にETCレーンがない
入口料金所で通行券を受け取り、出口料金所では係員のいる一般のレーンに進入し、通行券を出し、ETCカード、または現金で支払う。

出口にETCレーンがない
(入り口はETCレーンを通行)

係員のいるレーンに進入し、ETCカードを渡す(通行券は受け取っていないので不要)。

出口にETCレーンがない
(入り口にもETCレーンがない)

係員のいるレーンに進入し、係員に入り口で受け取った通行券を出し、ETCカード、または現金で支払う。

均一料金制
係員にETCカードを渡す。




 開閉バーが上がらなかった場合・・・



料金所ゲートのアンテナ不良、ETC車載器のアンテナ不良、ETCカードのICチップとETC車載器との接触不良などで料金所(ETCゲート)内の開閉バーが上がらないことも考えられます。もしも開閉バーが上がらなかった場合でも焦らずに、後続車に注意し、開閉バーにぶつからないように停車し(バイクは開閉バーの間を通過する)、速やかに周りの車両に注意しながら料金所(ETCゲート)内を出て、駐停車が禁止されていない安全な場所に車、バイクを停車させましょう。


安全な場所に車、バイクを停車させた後は、係員がいる場合は係員の指示に従い(インターホーンなどで連絡)、いない場合は速やかに高速道路を管轄する以下に連絡しましょう!


ちなみに開閉バーが上がらなかったために開閉バーに衝突し、開閉バーを破損させた場合、開閉バーが上がらなかった原因がドライバーの不注意だった場合はもちろん、ドライバーに責任がない場合でも、原則、責任はドライバーが負うものとされていますので注意が必要です!(ETCカードによっては『ETCゲート車両損傷お見舞金制度』があるものもあります)


連絡先 電話番号
NEXCO東日本お客さまセンター
(24時間年中無休)
0570-024024
03-5338-7524
首都高ETCコールセンター
(9:00〜18:00 年中無休)
03-6667-5859
NEXCO中日本お客さまセンター
(24時間年中無休)
0570-090333
052-223-0333
阪神高速お客様センター
(平日8:30〜19:00土日・祝日年末年始9:00〜18:00年中無休)
06-6576-1484
NEXCO西日本お客さまセンター
(24時間年中無休)
0120-924863
06-6876-9031
本州四国連絡高速道路・お客様窓口
(9:00〜17:30 土日祝・年末年始休)
078-291-1033


 ETCの普及率(利用率)



ハイウェイカードの廃止、各種割引きが受けられる事などからETCの普及率は近年、急激に上がり、2008年現在、全国の高速道路(有料道路)での利用率は70%を突破し、首都高速では80%を突破しています。


 通行料金の支払い者



ETCは日本だけでなく世界各国でも採用されているシステムですが、当然、海外のETC車載器を日本では利用することができませんし、逆もできません。


ちなみにETC車載器と支払い者を固定する方式を採用している国もありますが、日本では車、バイクにETC車載器を導入(セットアップ)することと、ETCカードを作成することは別々となっていますので、ETC車載器を導入(セットアップ)するだけでは高速道路(有料道路)でETCのレーンを通過することはできません。


また日本ではETC車載器に挿入されたETCカード所有者が通行料金を支払うシステムを採用していますので、ETC車載器を導入した車、バイクの所有者でなくても、ETCカード所有者であれば誰でも、どのETC車載器の車、バイクにもETCカードを挿入する事が可能で、挿入したETCカード所有者が通行料金を支払う事となっているのです。


例えば・・・


Aさんの車(ETC車載器導入)⇒AさんのETCカードを挿入⇒Aさんが通行料金を支払う。


Aさんの車(ETC車載器導入)⇒BさんのETCカードを挿入⇒Bさんが通行料金を支払う。


上記のようなシステムとなっています。


 スマートインターチェンジ(スマートIC)について



スマートインターチェンジ(スマートIC)とは、高速道路(有料道路)のサービスエリアやパーキングエリアから一般道へ出入りできるETC専用インターチェンジのことです。


スマートICと一般のETCレーンとの最大の違いは、一般のETCレーンはノンストップ(20km/h以下)で通行できるのに対し、スマートICは一旦停車し、通信開始ボタンを押して、正常に通信が行われて初めて開閉バーが開くシステムとなっていることです。


またスマートICでは利用時間、対象車種が限定されている場合もありますので、事前に確認しておきましょう!


詳しくはスマートIC(国土交通省)


 関連記事



バイクETCを導入するまでの流れ

バイクETCの取り付け・セットアップ・費用

ETC割引き一覧

バイクETCのQ&A

ETC利用照会サービス




バイクの買取価格がスグに分かります♪

バイク王なら無料で出張買取査定してくれ(一部離島を除く)、面倒な各種手続きも無料で代行♪



バイク用ETCについて

オススメETCカード

関連ニュース

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年5月1日

お問い合わせ


Copyright © 2008-2017 バイク用ETCガイド. All rights reserved